寝屋川市出雲町、京阪「寝屋川市駅」より徒歩約12分。 寝屋川市の整形外科「しもばやし整形外科」です

診療のご案内

診療のご案内

整形外科は運動器の疾患をあつかう診療科です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。

このような症状の方は、ご相談下さい

  • □首、腰、肩や腕、肘、手、股(脚のつけね)、膝、足を動かすと痛い。関節が腫れている。
  • □手足のシビレや脱力、手指のこわばりや変形、足の変形。
  • □長距離が歩けない、足がむくむ、足がつる。
  • □四肢の打撲、骨折、捻挫、各種キズなど。
  • □骨粗鬆症が気になる。

主な対象疾患

首の症状

首の症状

頚椎症・頚髄症:
 加齢変化による頚椎の変化(椎間板の膨隆・骨のとげの形成)によって、頚椎の脊柱管(骨の孔)の中にある脊髄からわかれた神経の枝や脊髄そのものが圧迫される疾患です。頚椎症では肩~腕の痛みが生じます。腕や手指のシビレが出ることもあります。頚髄症では手指が動かしにくくなったり、歩行で脚がもつれるような感じが出てきます。手足のしびれも出てきます。
頸椎椎間板ヘルニア:
 背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が、主に加齢変化により後方に飛び出すことによって頚椎の脊柱管(骨の孔)の中にある脊髄からわかれた神経の枝や脊髄そのものを圧迫し、首や肩、腕に痛みやシビレが出たり(神経の枝の障害)、手指が動かしにくくなったり、足のもつれが出ることもあります(脊髄の障害)。
頚椎捻挫(いわゆる、むち打ち症):
 交通事故などで受傷時に反射的に頚椎に対する損傷を避ける防御のための筋緊張が生じ、衝撃の大きさによっては筋の部分断裂や靭帯の損傷が生じます。頚部の挫傷(くびの捻挫)の後、長期間にわたって頚部痛、肩こり、頭痛、めまい、手のシビレなどの症状がでます。

など

肩の症状

肩の症状

肩関節周囲炎(いわゆる、五十肩):
 関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節周囲の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります。夜中にズキズキ痛み、ときに眠れないほどになることもあります。
腱板損傷:
 腱板損傷の背景には、腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれているという解剖学的関係と、腱板の老化があります。明らかな外傷によるものは半数で、残りははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で、損傷が起きます。肩の使いすぎが原因となっていることが推測されます。肩の運動障害・運動痛・夜間痛を生じます。運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。

など

腰の症状

腰の症状

腰椎椎間板ヘルニア:
 椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が加齢などにより変性し断裂すると出てきて神経を圧迫し症状が出ます。腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。
変形性腰椎症:
 加齢により生じるもので、軽症なものは無症状のことも多く、病的とはいえないこともあります。変形が進んで高度になると、椎間板の変性も生じるために椎間が狭小化し、そのため後方関節の変形性関節症変化が生じ、慢性の腰痛が生じるようになります。
腰部脊柱管狭窄症:
 脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

など

手(肘、手首、指)の症状

手(肘、手首、指)の症状

腱鞘炎:
 指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。腱は所々で腱鞘というトンネルの中を通っており、指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに摩擦を受けて炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こしてきます。腱鞘炎を生じると腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。
母指CM関節症:
 母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨(大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)は、母指が他の指と向き合ってつまみ動作ができるように大きな動きのある関節です。その分使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が起き易く、進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて母指が変形してきます。物をつまむ時やビンのふたを開ける時など母指(親指)に力を必要とする動作で、手首の母指の付け根付近に痛みが出ます。進行するとこの付近が膨らんできて母指が開きにくくなります。
上腕骨外上顆炎(テニス肘):
 一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。

など

足(股関節、膝、足首)の症状

足(股関節、膝、足首)の症状

変形性股・膝関節症:
 原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。股関節では発育性股関節形成不全の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の80%といわれています。膝では関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することもあります。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、関節が変形します。主な症状は、関節の痛みや機能障害、関節に水がたまるなどです。
捻挫:
 捻挫とは、関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。靭帯の損傷程度によって、捻挫の程度を三つに分けています。靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫、靭帯の一部が切れるものを2度捻挫、靭帯が完全に切れるものを3度捻挫と定義しています。スポーツなどのほかに、歩行時でも段差などで生じることがあります。
外反母趾:
 健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になると、中ほどにある母指の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されて足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。

など

全身の症状

全身の症状

骨粗鬆症:
 からだの中の骨は生きています。同じように見えても、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになってきます。骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。
関節リウマチ:
 関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することによって関節内に慢性の炎症を生じる疾患で、進行すると関節が破壊され様々な程度の機能障害を引き起こします。関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感などの全身症状を合併することもあります。
痛風:
 血液中の尿酸値が上昇(高尿酸血症)し飽和溶解度を超えると、関節内に尿酸塩結晶が生じます。この結晶を白血球が処理する際、痛風発作(急性関節炎)が発症します。高尿酸血症の原因は様々です。腎臓から尿酸を排出する機能が低下したり、暴飲・暴食、肥満、激しい運動などが原因になると考えられています。降圧利尿剤などの薬物も原因になることがあります。

スポーツによる故障(膝靭帯損傷、半月板損傷、野球肘など)
打撲・脱臼・骨折、火傷・各種キズ
など

当院でできる検査・設備 問診、触診の他に痛みの原因を探るために、エコーを用いて診断に役立てています。

クリニック情報

診療時間
9:00~12:00
17:00~19:30

休診日 木曜午後、土曜午後、日祝

〒572-0821
大阪府寝屋川市出雲町10-10

京阪本線「寝屋川市駅」より
徒歩約12分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:072-820-2377
駐車場完備

〒572-0821
大阪府寝屋川市出雲町10-10

京阪本線「寝屋川市駅」より
徒歩約12分

整形外科とは

問診票PDF

ダウンロード

あらかじめ記入し持参して頂きましたら、スムーズに受付することが可能です。

PAGETOP
Copyright © 2018 しもばやし整形外科 All Rights Reserved.